ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

4 Comments
前回に引き続き車載工具の紹介ですが、今回はザックに入れている方のツールバッグのお話です。
こちらには前回のR&Rのツールバッグには入らないような長尺モノの工具や、使用頻度の低い予備部品なんかを入れています。

車載工具21

このロール式のツールバッグは確か昔、父親が乗ってた車に標準装備されていた車載工具入れで、もう30年近く使ってるような気もしますが、付属の工具入れにしては丈夫です。
若い頃は全ての車載工具をこのバッグに詰め込んで、大きめのウエストバッグに入れて走ってました。
布地にビニールコーティングしたような材質で、水も染みないので気安く地面に広げれるのもいいです。

では中身の紹介をば・・・

車載工具20
長年使用しているので、汚くてお見苦しいんですが・・・


【補足説明】

●水で薄めた中性洗剤液スプレー
昔はビードクリームを百均で買ったピルケースみたいな容器に入れて車載してたんですが、とあるツーリングでご一緒した方が使われてるのを見て真似してみました。
中性洗剤液スプレーのいいところは、タイヤを嵌めた後からでもスキマを狙って吹き付けられること。
出先でパンク修理するとき、焦ってビードクリームを塗り忘れることがたまにあったんですが、タイヤ嵌めた後から塗るのはやり難いんですよね。
また、空気を入れてもビードが出ないなんてときも、そこへ吹き付けてやると出やすくなるような気がします。
容器はこれも百均で売ってたスプレーノズル付きの樹脂製のもの。
ザックの中で漏れ出すとたいへんなので、それだけが要注意でしょうか。

●ウエス
ウエスはバイクのメータんとこやザックにも入ってますが、工具入れにも入れています。
パンク修理のときなんかにホイールを地面に置くと、ベアリング周辺に土が付いたりし易いので下に敷いたり、引き抜いたグリスまみれのアクスルシャフトや小物部品を置く用に敷いたり、作業後に汚れた手を拭いたりするのに重宝します。
ゴーグルやミラー拭くウエスとは別に、油や土で汚れてもいいようなやつを余分に持っておくと修理作業の時、部品を紛失し難いし何かと便利です。

●空気入れ
使っているのは、TOPEAK社製のマウンテンモーフ
  (参考) http://www.topeak.jp/pump/ppf01500.html
過去、色々な種類の携帯ポンプを使ってきましたがこれに落ち着きました。
ポイントは、地面に立ててフロアポンプのように楽にポンピングできること、ある程度シリンダ容積があって山ほどポンピングしなくても済むこと、軽量なこと。
お勧めです。

●自作スタンド
サイドスタンドでもバイクを自立させたままホイールを外すことができる補助簡易スタンドです。
詳細は過去記事参照。
  『携帯バイク・スタンド』 (2008/06/17)

●コンボレバー
タイヤレバーとアクスルナットのレンチが合体した工具。
詳細はこれも過去記事参照。
  『工具について』 (2008/04/28)
この過去記事には書いてませんが、アルミ合金製のタイヤレバー、軽いのはいいんですが強度確保のためかスプーンの先端が少々肉厚です。
作業性は通常の鉄製タイヤレバーに比べると劣るかもしれません。

●タイヤレバー
パンク修理には2本のコンボレバーだけでもいいんですが、先にも書いたようにコンボレバーは作業性が少々悪いのと、あと簡易土木工事するときなんかにタイヤレバーをスコップ代わりに使うことがあるので、普通の鉄のレバーも入れています。
さすがに高価なコンボレバーで土を掘る気にはなれないので。
ただ、鉄製は重いのでチタンのレバーにでもしたいところなんですが、これも高価だし土木作業には向かないので購入を躊躇しています。

●ノコギリ
最近、ホムセンの安いノコからゴムボーイにバージョンアップしました。
未だフィールドで実使用していないので使用感は「?」
詳細はこちら参照。
  『ノコギリ新調』 (2014/12/21)
  

以上で車載工具の紹介を終わります。
尚、各ツールバッグの中身には登場しませんでしたが、空気圧ゲージやサス調整用の小型ドライバーなんかは、取り出し易いようにウエストバッグやザックのポケットなんかに入れています。



Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


【関連記事】
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)





Comments: 4

マーク  
ほぼ同じ

こんにちは。
今回の長物はびっくりするくらい自分と同じです(^'^)
自作スタンド以外、洗剤、予備のレバー、ヘッドライト球、工具類全て同じですなぁ^_^
同じ目に会ってきたのかも^_^

2015/03/24 (火) 21:54 | 編集 | 返事 |   
strider  
>マークファイブさん

おっ!マークファイブさんも洗剤派でしたか。
出先では未だ真似した人しか使ってるのを見たことがないんですが、なかなか便利ですよね。
家にはSTRAIGHTで購入した1kg入りのビードクリームが腐るほど残っているんですが、携帯用はやっぱ塗り忘れても誤魔化しの効く洗剤がいいです。w

2015/03/24 (火) 22:44 | 編集 | 返事 |   
マークファイブ  
洗剤は正解だそうですよ(^'^)

全日本のモトクロスチームのタイヤ交換を昔テントの影から見ていたのですが、液体でした。
後で聞いてみると「タイヤを入れる時はよく滑って入れやすければ何でも良い。しかしながらタイヤが入った後は早く乾いてビートが滑らない方が良い」だそうです。
塗り忘れ対策ももちろんですがクリームは乾いて乾燥するまでに時間がかかるので、すぐ走る場合は適さないとのことです。
林道での応急は早く乾く水性洗剤ですね(^'^)

それからチューブにベビーパウダーをたっぷり塗ってました。自分もマネしましたが、それからはレバーでチューブを噛ますことはなくなりました。


2015/03/25 (水) 22:34 | 編集 | 返事 |   
strider  
>マークファイブさん

なるほど、「速く乾く」言われてみればその通りっすね。
ベビーパウダーは携帯はしていませんが、家でタイヤ交換するときは私も必ず使っています。
タイヤとチューブが擦れて摩耗するのも防いでくれるみたいです。

2015/03/25 (水) 23:06 | 編集 | 返事 |   

コメント投稿