ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

2 Comments
倒木なんかを切る用に、いつも折り畳み式のノコギリを携帯しています。
今まではずっと軽量化優先で、ホムセンなんかに売っている持ち手が木の安いやつを使っていました。
ただ、1000円以下の安いやつは品質に不安があったので、それより少しだけ高いやつなんですが・・・

鋸新調01_s
山萬 折込鋸 210mm 江戸目

“江戸目” ってのは一般木材の横挽き用の歯のことを言うようで、一般工作用みたいなんですが、一応、問題なく使ってました。
ただ、歯の厚みが背の板の部分で実測 t0.8mm と少々薄く、品質もそれなりなせいでなんでしょうか?
太い木を切ってるとき、特に木に曲げ応力がかかってて、歯の動きに抵抗があるときなんかに、ノコを押したときにつっかえて歯を曲げてしまうことがよくありました。
今使っているこのノコも、曲がった歯を何度も修正したせいかだいぶガタガタになってきてたので、新しいのに買い換えることに。
今まではずっとこの手の安いノコを買い換えながら使ってたんですが・・・

鋸新調02
ユーエム工業社製 ゴムボーイ 万能目 240mm

バイク関連のネット掲示板なんかでも人気のノコギリ。
その存在は以前から知っていたんですが、重いのでずっと敬遠してたんですよね。
ただ今回、その歯の厚み仕様に惹かれて、試しに購入してみました。

鋸新調03

重さを気にしてるのに今回、歯の厚みを見て210mmではなく240mmを購入。
実測では歯の背の部分で t1.0mmでした。
0.2mmの違いですが見た感じも、手で曲げてみた感じも、しっかり感が全然違います。

鋸新調04


240mmの割にはサイズも割とコンパクト

鋸新調05

折り畳んでしまえば、210mmの山萬 折込鋸とほとんど変わりません。


鋸新調06

展開しても全長はほとんど同じですね。


鋸新調07
歯の比較

万能目の方はなんか、ザクザク切れそうなゴツイ歯が付いてます。
ゴムボーイには生木が切れる歯として、「万能目」と「荒目」の二つが選択できるようになっています。
掲示板なんかでは、倒木切るのには荒目が良く切れるってレスもあったんですが、私は竹も切る機会が過去に何度かあったので今回は「万能目」の方にしました。

ゴムボーイは替え刃が用意されているのも良いところ。
歯が痛んでも低いコストで歯のみ交換できるし、異なる種類の歯に変えることも可能です。


鋸新調08_s

最後に気になる重量はというと、やっぱゴムボーイは重いですね。
山萬の倍以上ありました。

さて、はたしてこの重さに見合うだけの切れ味を見せてくれるのか!?
実施報告はまた次のツーリングで機会があれば報告したいと思います。 (


※2015/11/01 追記
(参照)
●#182 崩落越え三昧 (2015/09/27)
●【公開版】 #188+ 〇〇〇〇跡(裏ルート前編) (2015/10/25)


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)

Comments: 2

マークファイブ  
たしかに(^'^)

こんばんは。
たしかにたかがノコギリですが大切ですよね。
しかたなく引き返してリベンジした経験が自分も多いです(+o+)

そう竹ですよね。切るのが恐いくらいしなってるのは途中でやめたこともあります。
名刀 必需品ですね(^'^)

2014/12/22 (月) 23:28 | 編集 | 返事 |   
strider  
>マークファイブさん

異常気象でここ最近、倒木に阻まれる機会が増えましたもんね。
しなった竹に限らず、ヘンな力がかかっている倒木は切るの難しいです。
あと、一ヶ所だけ切ってもびくともしない長いやつとか。
倒木切るのに体力消耗してしまって、走りに影響出るのも嫌だし、ノコはやっぱ切れ味の良いやつがいいっすよね。

2014/12/22 (月) 23:48 | 編集 | 返事 |   

コメント投稿