ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
2年ほど前に交換したFMF-Q4マフラーの吸音材
最近、また少し煩くなってきたので、二回目のウール交換を行いました。

作業内容的には前回とほぼ同じなので改めて記事にするのもどうかと思ったんですが、結構、このウール交換記事は検索して見に来られる人が多いようなので、詳細は省きますが前回使ったウールの劣化具合や使用状況なんかを参考までに報告してみたいと思います。
尚、前回の記事はこちら
  ●マフラーのウール交換 (2012/04/15)


ウール交換2_01

今回用意した吸音材は、前回と同じKIJIMAのアコスタフィル(400×1100mm)
前回は、“ちょうど1年で4,500km走行” 時点での交換でしたが、今回は2年半で7,400km での交換です。
音の煩さも今回はまだ少し前回より余裕が有りそうな感じでしたので、FMFの標準で入っている吸音材よりアコスタフィルの方が優秀な感じ。

さて、ではマフラーをバラしてみると・・・

ウール交換2_02

なんか前んときより抜き難いなぁっと思ったら、吸音材がアウター内に残ったままインナー・パイプだけ抜けちゃいました。


ウール交換2_03

ちょっと苦労しましたが、なんとかウールも取り出し成功。
サイズ:400×1100mmでは少々ボリュームが大きかったんでしょうか?


ウール交換2_04

ウール交換08ウールの中の様子 ↑
右は前回の標準ウールのときの写真。
焼け方というか、黒くなる具合は、
さほど違いは無い感じです。





ウール交換2_05

段取りはもう分かっているので、新しいウールを巻いてチャチャット組み立てる予定でしたが・・・


ウール交換2_06

ここまで突っ込むのに少々手こずりました。
前回はすんなり入ったんですがねぇ。。。
紙テープ巻く箇所が少なかったからか? 
もしくはアウター内側にこびりついていたザラザラのやつ(紙テープかウールから蒸発したやつ?)をパーツ・クリーナーでちゃんと除去しなかったからか?
よくは分かりませんが、とにかく滑りが悪かったです。
しかし、ここまで入ればあとはこっちのもの。

ウール交換2_07

前回、ヘタこいたパイプ末端部分の嵌めあいに気を付けて・・・


ウール交換2_08

なんとかウール交換完了しましたが、二回目ということで少々甘く見て手抜きしたせいか、いくつか反省点がありました。
 ●紙テープは5ヶ所くらい巻いた方が良い。
 ●アウター・ケーシングの内側は滑りがいいようにクリーナーで
   清掃しておいた方がよい。
 ●長袖で作業すること。

今回、暑かったので半袖で作業してたんですが、結構チクチクきてしまいました。w
古いウールを取り出すとき少々手こずったんですが、そんときにだいぶ細かなウール繊維が飛散した感じです。
前回、何ともなかったので油断してました。


以上、報告終わり。


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村


【マフラー関連記事】
●初めての海外通販(2011/02/25)
●Q4マフラー到着(2011/03/08)
●Q4マフラー取り付け (2011/05/02)
●マフラーのウール交換 (2012/04/15)





KIJIMAキジマ/グラスウール
KIJIMAキジマ/グラスウール

(Webikeのサイト)

Comments: 0

コメント投稿