ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

4 Comments
(三重県松阪市飯高町青田)

木屋谷線01

先の林道青田線の起点近くから青田川沿いに伸びている林道。
某峠方面へ抜けれるのでは?という淡い期待と、青田の集落にある「青田発電所」の導水路のメンテ用と思われるクネクネの林道?への興味から探索に入ってみましたが・・・

まずは林道起点(青田集落)近くにある「青田発電所」の見学から。

木屋谷線02

木屋谷線10

導水路の勾配は緩いんですねぇ。
菅谷川取水えん堤から水槽までの水路長:2512mに対し、その落差:5.9mですから、勾配にすると1/430くらいですか。
一般的な河川の河床勾配は、海に近い下流部で1/1000~1/5000、中流部で
1/100~1/1000、上流の山間部で1/100以上ということなので、中流部くらいの勾配になり、下水管とかの勾配:1/50~1/100と比べると、それよりだいぶ緩い勾配みたいです。
きつめの勾配で大量の水を流してるイメージでしたが、確かに勾配きつくしすぎると水槽の位置が下がって水圧鉄管の高低差が小さくなってしまいますから、極力緩くしているんでしょうか?

木屋谷線09

去年行った白倉林道の銚子川第二発電所が、最大使用水量:1.13m^3/sec、有効落差:200.8m、最大出力は1900kW だったので、この青田発電所の方が若干規模が大きい感じでしょうか。
立地的な見た目の雰囲気では、圧倒的に銚子川の方が威圧感あるんですが。

木屋谷線11

鳥瞰図にはちゃんと、お目当ての林道まで記載されています。

小さな水力発電所なので見学というより休憩するつもりで寄ったんですが、意外と楽しめました。
というのも、ガラス窓で中が覗けるようになってるんですよね。

木屋谷線03 木屋谷線04

想像してたよりだいぶ可愛いらしい水車です。

木屋谷線05

木屋谷線06_s 木屋谷線07_s
赤矢印の物が何なのか分からなかったんですが、錘のようなものにつながっているってことは何か緊急時のフェール・セーフ的な仕組みなのかな?

木屋谷線08で、この説明図にある “デフレクタ” って
やつもよく分からんなぁと、
帰ってから調べてたら判明しました。












【デフレクタ】
発電機の負荷が事故などにより遮断されてしまうと、負荷を失ったランナは回転数が急速に上昇する。
その際は速やかにランナに入射する水流を遮断することが必要であるが、ニードル弁による急速な流水遮断は水撃作用を催し大事故につながるおそれがある。

したがって、負荷遮断時にはノズルの直前にデフレクタをせり出すことで水流を他方へと反らし、その後ニードル弁を徐々に閉じるようにしている。
wikipedia 「ペルトン水車」より


なるほど、所謂 “ウォーター・ハンマー” ってやつの対策ですね。
錘が付いてるってことは、電源喪失しても動作するようになっているのかもしれません。

木屋谷線12
建屋の裏に回ると水圧鉄管が間近に見れました。


なんか、林道とはあまり関係無い話を長々としてしまいました。
先へ進みます。
まずは発電所の説明図に 「導水路上は林道として地域に開放しています。」 と記載もあった道の取り付きポイントへ (地図)

しかし残念ながら・・・

木屋谷線13

工事通行止めで、しばらく通れそうにないようです。
もっとも、この道は舗装されてる可能性が高く、主目的は導水路の見学だったのでここは早々に諦めて、本日のメイン・イベント木屋谷線を直進します。
さ~て、いよいよ○○峠を目指すぜ!
と意気込んだんですが・・・

木屋谷線14

な、なんと1.6kmほどでこちらも撃沈 (地図)
もう少しの間、夢を見させてくれてもよかったんじゃね? と思えるほどの冷たい仕打ち。

木屋谷線15_s

災害復旧工事か・・・
また秋頃にでもリトライしますか。
というわけで、ほとんど発電所ネタで終わってしまいましたがこれにて報告終わります。
とほほ!


【関連記事】
●セレナ車中前泊ツー (2014/05/04)
●林道 青田線 (2014/05/06)
●広域基幹林道 飯高北奥線 (2014/05/10)

Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村

Comments: 4

マークファイブ  
復旧工事中ですか?

こんにちは。
久々の林道ブログですねヽ(・∀・)ノ
自分も、国見山周辺は以前にトライしました。
さらに落盤しているようですね。
千石平線、ヌタハラ線、瀬戸側から258号、220号からも全てダメでした。
全部落盤です。
そこまでは十分楽しめる道でしたが(゚∀゚ )
どうやらあちこちもっと手前から崩れているような感じですね。
残念です。

2014/05/09 (金) 21:36 | 編集 | 返事 |   
strider  
>マークファイブさん

山は未だ少し花粉が残っているようで、帰ったら鼻がズルズルでしたが、林道復活しました。
今回、蓮川方面へは行かなかったんですが、そうですか全滅でしたか・・・
しかし、マークファイブさんのコメント見て毎回思いますが、すごいアタック数ですね。
いいかげん行くとこ無くなってくるんじゃないっすか!?w

2014/05/09 (金) 22:02 | 編集 | 返事 |   
マークファイブ  
いえいえ

いえいえとんでもないです。
ストライダーさんのアタックにはかないません(笑)
自分はどちらかというと、ターゲットを決めたらとことん行くタイプです(笑)。
気候が良くなってきたので、ハイカーに注意が必要な時期になってきました。
今日は宿題を残した第1銚子ダム周辺に行ってきました。
自分も空振りでした。 

2014/05/12 (月) 01:48 | 編集 | 返事 |   
strider  
>マークファイブさん

トラック・データ見せて頂いたときに感じましたが、
確かにそんな感じですよね。w <とことん
私は欲張りで浮気性なせいか、あまり一つのエリアをじっくりってのが苦手です。
他に面白そうな探索予定場所があったりするとそっちに気が行ってしまって、つい支線やらの探索を疎かにしてしまいます。
で、結局そうやって美味しいルートを見つけ損ねたりしちゃうんですよね・・・

2014/05/12 (月) 21:00 | 編集 | 返事 |   

コメント投稿