ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
先日の 『大和川河口周辺散策』 んときに見かけた地面に書かれた謎の文字

大和川15+

場所はここ(地図)

恐らく上空から見えるように書かれたものなんでしょう。
“YM” は「大和川」のことか?
ヘリとか航空機はよく大きな川を目印にして飛んだりしますから、そのためのものなのかな?
とすると、“▲”や “LO”(=LOW?)は、川の流れを表しているんだろうか?とか思ってたんですが、帰ってからGoogle地図見てたら・・・



大きな地図で見る

なんと、ちょうど「YM-LO」の書かれた対岸に「YM-RO」の文字が!
こりゃどうも「Low」ではなく、「Right」と「Left」のようですね。
ちゅうことは「O」はなんなんやろ?
普通、「右岸/左岸」は、「Right Bank/Left Bank」と言うみたいなので、「O」には違う意味合いが含まれていそう。

と、地図を見てたら、な、なんと少し上流側に未だありました。


大きな地図で見る

「O」はアルファベットではなく数字だったんですね。
ちゅうことはもっとあるのか?w


大きな地図で見る

あるやんか!
上流側へ向かって数字が増えていきます。


大きな地図で見る


大きな地図で見る

地図で確認できたのは、この大和橋と阪堺線の間に位置する「YM-R4/YM-L4」まででした。
距離を測るとだいたい1km間隔。
航空写真見ても淀川には無さそうだったので、大和川関連のサイトを彷徨ってたらそれらしき資料を見つけました。

国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所

ここのサイト内にリンクのある

大和川水系河川整備計画(平成25年11月28日策定)のpdf資料の
「第4章(1)(PDF8.13MB)」

その4-2ページにある図4.2
河口付近を拡大してみると

YM-LO+.jpg

地点「4」の数字の位置が違ってるような気もしますが、原点の「0k」地点、及び青色矢印の 「河口(-0.67~4.0k)」の範囲設定は路面上のマーク位置と合致しそうです。
裏が取れた訳ではありませんし、利用目的も未だよく分かっていませんが、どうもこの河川の管理上のマークのような気がします。
原点の「0k」地点位置が中途半端な感じがするのは、どうも管理管轄が港湾部分とで分かれているからか?

ちょいと中途半端な調査になりましたが、謎の文字についての報告はとりあえずこれにて終了。
また何か分かれば改めて報告したいと思います。


【関連記事】
●大和川河口周辺散策 (2014/02/26)

Comments: 0

コメント投稿