ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
C25(後期)型セレナが納車になったので、スロー・ペースになるとは思いますがボチボチとトランポ計画を進めていこうと思います。
と言ってもものぐさな性格ですから、座席シートを取り払って、コンパネ敷き詰めて、ポンリューム貼ってとか凝ったことをするつもりは毛頭ございません。w

で、まず初めにラダー・レールの確認。
以前、プチ崖落ちしたバイクを引き上げに行ったときトランポはレンタルしたんですが、ラダー・レールはいずれまた放置プレーすることがあるかもしれないと思い、安いやつを購入しました。

AP社製 軽量アルミラダー フラット
ラダー03

そんときはトラック系の荷台を想定していたので、引っかける爪の部分の形状はあまり気に留めず、荷台の高さ故にレール長ばかり気にしていました。
しかし今回、乗用車のセレナに使おうとする場合、はたしてこのAP社製の爪の形状で大丈夫か心配になってきました。
ラダーの厚みが爪より下側にある構造の場合、もしかしてバンパーとかパッキンに干渉するんとちゃうん?

ネットで調べてると、引っかけが爪ではなくベロ式で、厚みが上側にあるタイプもあるんですね。
例えばこんなの
昭和社製 バイク用ブリッジ(ベロタイプ) 
ラダー04

ちょっとお高くなりますが、作りはしっかりしてそうです。
ラフ&ロードのラダーもこの昭和のOEM?っぽい感じがします。

たまたま今日ヤフオクで半額くらいの値がついている残り4時間の中古品があったので、思わず入札しかけたんですが、とりあえず手持ちのAP社製のやつが使えるかどうか急いで確認することにしました。

で結果はといいますと・・・

ラダー01

いけました。w
気にしていたのは写真の黄矢印の部分なんですが、車体側に干渉することなく使えそうです。
ただ、これから購入を検討されてる方は、やはりベロ式で両サイドの厚みが上側に付いてるやつの方がいいような気がしますね。
ラダーが車側へ押されたようなとき、車体を傷つける可能性が低くなるように思います。
もっとも実際に運用するときは、この爪のかかる部分に毛布かゴム板でも噛ますと思うので、そうすれば問題はないかもしれません。
とにかく今回私の場合は、買い替えせずに済んだので助かりました。

引いた絵はこんな感じ。
ラダー02

参考までに私が当初気にしていた寸法の実測値も入れておきました。
プチ崖落ちで引き上げのときはライトエース・トラックを借りたんですが、F.L.(地面)からの荷台高さが720mmほどもあって、載せるのも降ろすのもドキドキもんでした。
でも写真のセレナの場合は荷台高さが510mmほどで、ラダーの傾斜を見る限り楽に作業できそうな予感がします。
未だ実践してないので、あまり無責任なことは言えませんが。w

ちなみに、私のWR250Fの実測高さ寸法はバイク車重がかかってる状態で、ミラーを含めて1410mm、ミラー無しの場合はFブレーキ・ラインの頂き部分で1270mmでした。
開口部を通過するときだけFサスを縮める予定ですが、ミラーは畳むか外すかしてもサスは80mm以上くらい縮める必要がありそうです。
(縮めてもブレーキ・ラインの頂き高さ事体は変わらないかもですがw)
事前にやることがいっぱいあるので、だいぶ先になると思いますが、その辺の話はまたいずれ。


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村




(追記)

【セレナ(トランポ)関連記事】
●セレナトランポ計画 (2)【センター・シート取り外し編】 (2013/06/17)
●セレナとかiPodとか (2013/06/21)
●Lightning - 30ピンアダプタ (2013/06/29)
●セレナトランポ計画 (3)【積載失敗編】 (2013/07/01)
●セレナトランポ計画 (4)【積載やっと成功編】 (2013/09/22)

Comments: - 0

コメント投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。