ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
昨日から引き続き、今日の大阪は視界が悪かった。

20100626_和泉山系

この上の画像は以前、 『眺めだけは。。。』 (2010/06/26) という記事で使用した和泉葛城山方向の写真。
で、下の写真が今朝、同じ方向を撮ったもの。

大気汚染01

直線距離で32kmほど離れている和泉山系はおろか、8kmほどにある堺港発電所の煙突すらほとんど見えない状態。
もっとも黄砂が酷いときは、このくらいの視界になる場合もあるんですが、気象庁の黄砂実況図/予測図をみても今日は特に何の表示もありませんし、ニュースや天気予報でもちっとも話題に上がりません。

大気汚染02-s

しかし・・・

大気汚染03「気象庁の公式ページの画像を加工せずに、そのまま、JavaScriptで表示しています。」 と謳う岡田上鍼灸院のサイトにある予測図を見ると、そこそこ黄砂は飛んでいるような感じ。

(気象庁のどこからデータ拾ってきてるのかよくわかんないんですが・・・)


それにしても、この実際の視界の悪さは予測図のレベルを遥かに上回ってるなぁと思って、同じ鍼灸院のサイトにリンクのあった環境省の 「大気汚染粒子予報」 のデータ表示ページを見に行ったら・・・
 ※元ネタは環境省の研究機関 「国立環境研究所」 のH.P.からのようです。

大気汚染04
(大気汚染粒子(人為起源の微小粒子))       (黄砂)

どうやら今日のこの視界の悪さは黄砂というより 「大気汚染粒子(人為起源の微小粒子)」 や 「硫酸塩エアロゾル」、その他色々な物質の飛来に寄るもののような感じがします。
花粉がやっと収まってきたと思ったのに、なかなかすっきりとした気持ちで外に出れないのは困ったもんです。
まだしばらくマスクは付けておいた方がいいかもしれません。
福島第一原発からは量は減ったとはいえ、未だ放射性物質は出続けているようですし、快適に住める場所や時間が日本から徐々に減っていってるような気がしますねぇ。

Comments: 0

コメント投稿