ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

2 Comments
リンク周りのメンテするのに必要と思って、購入に踏み切った高価なトルク・レンチの話は、『初めてのリンクばらし』 (2011/03/06)の記事でしました。

先日のグリス・アップのメンテのときにも活躍してくれてるんですが、一ヶ所そのトルク・レンチが使えない部分があります。

トルクアダプター02

コネクティング・ロッドの本体側の取付け用ボルトのナット部分です。
(写真上の黄色丸印部)
フットレスト・ブラケットが邪魔になって、ソケットを付けたトルク・レンチもエクステンション・バーも入らないんですよね。
ブラケットを外せば入りそうなんですが、なんか面倒そうだったので、今までここだけはメガネ “手ルク” レンチでごまかしてました。
でもせっかく買ったトルク・レンチを使わないのはやっぱもったいない! (そういう問題じゃない?w)
ということで、こんな物を買ってみました。

Straightのトルク・アダプター
トルクアダプター01

モーション・プロでこんな便利なやつあもあったんですが、なんせお高い。
また、ドイツの高い品質で有名な工具メーカー:スタビレーにも上の写真と同じようなアダプターがあったんですが、これもお高くて大きなサイズが無い。
で見つけたのが庶民の味方、straightの写真のやつでした。
17と19mmのセットで\1,000ちょっとと非常にリーズナブル。
恐らく品質も値段なりなんでしょうけど、頻繁に使うものでもないし、私はこれで十分。w

使い方はこんな感じ。

トルクアダプター04
(通常のソケットの場合) 

トルクアダプター05
(トルク・アダプターの場合)

当然、トルク・レンチにかかるモーメントは、長さが変わるので換算が必要になります。
トルク・アダプターに添付されていた説明書を参考まで。

トルクアダプター06
「アダプタ有効長:50mm」 に 「締め付けトルク:50N・m」 って紛らわしいな。
どうせ“例”にするなら違う値にしとけばいいのに。

で、上のコネクティング・ロッドのナット部分に使う場合はこんな感じに、
(ちょっと写真が見にくいですけど)

トルクアダプター03

これで次回からはリンク周りの締め付けは、全てトルク・レンチで管理できそうです。
あーすっきり。


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


【花粉メンテ大作戦】
●リンクのグリス・アップ (2012/03/12)
●チェーン・スライダーの軽量化? (2012/03/13)
●ステム・ベアリングのグリスアップ(準備編) (2012/03/18)
●Rサスのロワー・ベアリング交換 (2012/03/24)
●ステム・ベアリングのグリス・アップ (2012/04/02)
●クラッチ・ケーブル交換 (2012/04/08)
●ホット・スターターのケーブル交換 (2012/04/10)
●ヘッド・ライトのレンズ・ガード (2012/04/13)
●マフラーのウール交換 (2012/04/15)


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)

Comments: 2

じょにい  

お久しぶりにお邪魔します

リア周りは毎年バラシてますが
コネクティングナットは、毎回手トルク管理してますよ。(笑)
いまだ問題が出たことないですし。。

でもキチント管理すれば安心ですよね。

ステムベアリングは放置プレイしているので
レポ楽しみにしてますよ。(笑)

バッテリーは、昨年リチュウムにしてみました。
今のトコ問題なので、次は是非試してみてください。


今年は大雪のため、いまだ山で走れません。。
4月まで待ちかな~(泣)

2012/03/23 (金) 19:51 | 編集 | 返事 |   
strider">
strider  
>じょにいさん

どもっ! お久しぶりです。
やっぱ、じょにいさんもあそこは手ルクレンチでしたか!?w
そそ、恐らく手ルクでも大丈夫なんでしょうけど、安心感が違いますよね。

ステムはハンドル周りをどの程度までバラさないといけないかに、私の場合はかかってます。
なんせ面倒くさがり屋なので、トップブリッジんとこ外すだけで済めばそのまま進みますが、ハンドルに付いている色んなもんを外さないといけなくなったら、途中棄権するかもしれません。w

リフェ・バッテリー使われているんですね。
あの軽さは非常に魅力なので、私も次の機会んときにはぜひ試してみたいと思ってます。

大雪の影響がやっぱ残ってますか!?
崖崩れだけでなく、雪崩にも注意して走らなきゃですね。

2012/03/23 (金) 20:43 | 編集 | striderさん">返事 |   

コメント投稿