ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

2 Comments
台風12号以降の大雨の影響でツーリングのメイン・エリアが変わったということで、丹波方面の手持ちの地形図で一部、古くなっていた区域のものを新しいものに更新しました。

地形図01

国土地理院発行の 「1/25,000」 や 「1/50,000」 の地形図はA2サイズくらいの大きさがあるので、そのままでは持ち歩くのに不便です。
なので小さく折りたたむわけですが、調べてみるとこの折り方にも色々あるようです。

なかには、1動作で広げたり閉じたりできる "ミウラ折り” なんてのもあるようですが・・・


http://www.youtube.com/watch?v=Uxy_9UNDg6c


今回は一般的かどうか分かりませんが、私がいつも常用している学生時代に先輩から教わった折り方を、ちょうどいい機会なので写真で紹介してみたいと思います。

1) 周囲の四辺を山折り
地形図02
地形図の周囲にはタイトルやら説明書きやら書かれている余白部分があります。
見易く、かつサイズを小さくするために、その余白部分を裏側に折り込んでしまいます。
昔の地形図では地図のふちギリギリで折ってましたが、最近の一部の新しい様式の地形図は、地図画面が大きくなって隣接する地形図とオーバーラップしているので、多少地図部分を含めて折ってしまっても大丈夫。
というか、余白部分の幅が狭いのでギリギリだと折り難い。

注)
古い様式の地形図も未だ一部残っているので、そのタイプは地形図のふちギリギリで折らないと、隣接する地形図と繋がらなくなるので注意してください。


2) 四隅を斜めに山折り
地形図03
先の四辺の折りを一旦広げて、四隅を斜め45°の角度に山折り。
このとき、四辺の折り線を合わすようにすると、コーナーが綺麗に出ます。


3) 四隅を斜めに折った状態で、最初の四辺の折りを入れ直す
地形図04 地形図05


4) 左右に2分割するように山折り
地形図06


5) 更に4分割になるように谷折り
地形図07 地形図08
このとき、2分割でできた山部分よりふちを少しはみ出させて折るのが肝。
開きやすくなり、また地図中央部の山折り部分が擦れて印刷が痛むのを防ぐ。

今の状態で広げたらこんな感じ。
地形図09


6) 最後に上下に2分割するように折り曲げ
地形図10
地形図のタイトル部分が見えるように折る。
これでツーマプに挟めるくらいの大きさになります。

広げるとこんな感じ。
地形図11

参考までに、隣接地形図とオーバーラップしてる新しい様式と、していない古い様式の地形図の比較。
地形図12

新しいやつは左側にタイトルやら説明箇所がきています。

以上、報告終わり。


(2015/12/07 追記)
補足記事も参考まで。
『地形図の折り方(補足)』 (2015/12/07)


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村


【地図関連記事】
●基本地図 (2007/11/16)
●たわ (2008/07/25)
●ストリートビュー (2008/08/05)
●ツーリングマップルR (2008/08/12)
●Yahoo Map (2009/04/09)
●ストリートビュー その後 (2010/03/21)
●地形図の折り方 (2011/09/23)
●電子地形図から送電線消失 (2012/01/30)
●林道の探し方(3)【地形図の道路記号】 (2012/12/22)
●林道の探し方(4)【ネット地図と航空写真】 (2012/12/24)
●林道の探し方(6)【④(1.5~3.0m/軽車道)】 (2013/01/16)
●林道の探し方(9)【古いツーリング・マップ】 (2013/02/07)
●改悪の新Googleマップ (2015/06/24)
●地形図の折り方(補足) (2015/12/07)

Comments: 2

じょにい  
折り

こんなイイ折り方あるんですね。。

これなら1/25000地図も簡単に持ち運べます!

久々に地図持って遠く行きたい気分です。。(笑)


2011/09/30 (金) 12:27 | 編集 | 返事 |   
strider">
strider  
>じょにいさん

2、3枚ならいいんですが、4,5枚くらい以上になると折るのもたいへんですけどね。w
ちょっと細めの道を探索するとき、国土地理院の地形図があると安心感が絶大なので、探索ツーんとき私はいつも持ち歩いてます。

2011/09/30 (金) 19:47 | 編集 | striderさん">返事 |   

コメント投稿