ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
Thunderbird-2+.jpg
の話ではないんですが・・・

またまた以前うpしたC-17輸送機のぶっ飛び逆噴射の記事に関連する動画のご紹介です。
別に逆噴射フェチって訳ではないんですけどね。w

まずはこの二つの動画を・・・

Credible Sport Test YMC 130 H

Lockheed YMC-130 Combat Talon Operation Credible Sport JATO Accident

これは、ロケット・エンジンを搭載させ離着陸の滑走距離を短くしようと改造されたC-130輸送機のテスト中の映像らしいです。

1979年に発生したイランアメリカ大使館人質事件で53名の救出に失敗したアメリカが、第二の救出作戦としてサッカースタジアムに輸送機を着陸させ人質を救出しようとして開発したらしいんですが、映像を見ても分かるようにテストは上手くいかず、救出作戦も中止になったようです。
その辺の詳細は wiki 『イーグルクロー作戦』 参照。

しかし、すごいことを考えますねぇ。
最初にこの映像を見たとき、『まるでサンダーバード2号じゃん!』 って思ってしまいましたよ。w

でもこの技術、その後一部実用化されているようで、現在のC-130輸送機にはロケット・エンジンを搭載した短距離離陸型のタイプがあるそうです。

C-130 Fat Albert Jet Assisted Take Off

それにしてもすんげぇ上昇角!
輸送機の動きとは思えません。w



【関連記事】
●ぶっ飛び逆噴射 (2010/01/27)
●STOL機 (2010/02/15)
●逆噴射~民間機編~ (2010/11/03)

Comments: 0

コメント投稿