ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

2 Comments
バイクをいじるため使うようになったラチェット・ハンドル、私はこのKTCの3/8"sqのやつを KTCラチェット・ハンドル-01 15年以上使ってたんですが、最近工具のことを色々調べるようになってだんだん物足りなくなってきました。
知らなかったら何の不満もなく使い続けてたんでしょうけどねぇ。w

で、何が不満かというと、

 1) 歯数が18山と少ない
    ギアが18ということは送り角度が 360°/18 =20°ということになります。
    送り角度が大きいと狭いところで作業し難いんですよね。
    最近は72山(送り角度:5°)とか80山のラチェットとかあるみたいです。
    先日、衝動買いしたスエカゲの超小型ラチェット ラチェットProAuto でさえ
    48山だし、車載工具なんかで重宝してるギアレンチ signet_ギアレンチ なんかも
    今は72山が多いです。

 2) 空送り時の抵抗が大きい
     これは上質工具を扱ってるお店なんかで色々触ってて感じたんですが、
     FACOM
     内歯式のラチェット facom_j171 とか送りが軽いんですよ。
     左手でソケット部分をサポートしたりしなくても緩いボルトなんかを
     ある程度回せちゃうのは魅力です。


ただ、上質のブランドものはやはり高いっす、欲しいと思った上のFACOMのやつなんか\9,000くらいします。
そんな折、日本橋にある工具マニアご用達の某店に行ったとき紹介してもらったのがこの無印台湾製のFACOMそっくりさん。w
台湾製FACOMもどき-01 20080617_台湾製FACOMもどき-02

お値段は写真の通りで超破格値ですが、作りや動作自体にはそんな安物な感じはありません。
空送りの軽さもほとんど同じ、店の人に話を聞いてるとFACOMとは中のスプリングなんかが違うらしいんですが、まぁでもこの値段なら十分元は取れそうな気がしたので衝動買いしてしまいました。

最近は日本の有名どころの工具メーカーも台湾で作らせたりOEM供給受けたりしてますから、台湾の工業製品は侮れません。
一昔前、欧米の真似から始まってそのうち追い越してしまった日本と同じ道を歩んでいるような感じです。


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)

Comments: 2

Niちゃん  

80山のラチェットいいですね。
買っちゃおうかな~?

でも過大な力を掛けると
滑ってしまいそうな不安もありますね。

2008/06/21 (土) 19:53 | 編集 | 返事 |   
strider  
>Niちゃんさん

おっ! 80山、お目に留まっていましたか!?w
一応、「従来品と比べても耐久性で劣りません。」 とかって書いてありますし、
ラチェットでは定評のあるスナップ・オンですから素人目には無問題ですが、
プロが使うとなるとやはり実績の無いものはそう簡単な話では済まないんでしょうねぇ。。。

2008/06/21 (土) 20:44 | 編集 | 返事 |   

コメント投稿