ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

0 Comments
先日、マス・ツー行ったときにパンクされた方がいらっしゃって、その方がおもむろに取り出したのが自作の携帯簡易バイク・スタンド(残念ながら写真撮り忘れました)。
その出来があまりにすばらしかったので私も自分で作ることにしました。

オンロードのバイクはほとんどチューブレス・タイヤですが、凸凹道を走るオフロード・バイクは未だチューブ・タイヤが主流です。
なので出先でパンクしたときは車体からホイールを外してチューブの修理、もしくは交換する必要があります。(自転車のようにホイール外さずにチューブ修理するツワモノもいらっしゃるようですが)
またオフロード・バイクはオンロード・バイクによく装備されているセンター・スタンド センタースタンド が無いものが多く、サイド・スタンド サイドスタンド だけでホイールを外してしまうとバイクは自立せずに倒れてしてしまいます。
そこで登場するのがこの携帯バイク・スタンド。
ワンナップスタンド こんなのが市販されています(いた?)が、金属製なので結構重量あって今まで敬遠してたんですよね。
使い方はこんな感じ ワンナップスタンド使用例 サイド・スタンドの反対側につっかえ棒のようにしてバイクを支えます。

作業性は悪くなりますが最悪、車体を倒して修理できないことはないし、運良くガードレールなんかあればそれにもたれかせたり、適当な木が落ちていればそれを代用したりできることもあります。
まぁ、パンクなんてめったにするもんでもないし、そんなことで携帯スタンドは持ってなかったんですが、超軽量な自作スタンドを一度見てしまうとだめですね!
所有欲が沸々と沸いてきてしまいました!!w

その自作されたスタンドも構造的には同じ感じ、外側がφ20mmくらいの樹脂パイプで内側に角材が入っていて、市販品同様ピンの抜き差しで長さが調整できるようになっていました!(@_@)
で、さっそくホームセンターに材料買いに行って色々探しているとふとこんなもの 伸縮バスブラシ@780 が目に留まりました。
『伸縮バスブラシ』 (\780くらいやったかな?)
これ使ったらいちいち塩ビパイプや角材に穴加工せんで済みそうやし、伸縮パイプ部分だけ切り取ってゴム脚付けたらそれで完成じゃないですか!?
ということで出来上がったのがこんなの 簡易スタンド(ネジ無し)

しか~し、ちょっと甘かった!
実際にバイクを支えるようにセットしてみると、バイクの重量にストッパーが耐え切れず、あっさりと縮んでしまいました。orz
やはりバス・ブラシにはバイクの100kgを超す重量がかかるなんて想定外だったようです。
一瞬、トレッキング用のストック トレッキング・ポール なら耐えるかもと思いましたが、なんせ安いやつでも4,000円くらいしますからさすがに金ノコで切断する勇気は出ません。w

で結局、穴加工して同じようなピンを挿してロックする方式(M5ボルトを使用)とあいなりました。
簡易スタンド_01 簡易スタンド_02 簡易スタンド_06

長さ : 300 ~ 470mm、 重量 : 110g
まぁ、上出来としときましょう!


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)

Comments: 0

コメント投稿