ストライダーの足跡

オフロードバイクで近畿の林道探索、歩きやママチャリで大阪の街中散策、はたまたYouTubeで音楽紹介など、自由気ままなストライダーの雑記帳。

2 Comments
(大阪府南河内郡)

さて、本題の探索ツー報告なんですが、結果から言いますと完抜け林道はゼロでありました。
まあ仕方ないですね、でも決して林道が無い訳ではないんですよ。
むしろ、美味しそうなというか整備された林道は平均以上にあるかも。
但し、遊歩道的な進入規制のかかったやつとか、鬼ゲートなやつとか。w

生駒周辺もそうでしたが、都市部近郊でしかも二上山~金剛山辺りは観光スポットも多く、またダイトレ(ダイヤモンド・トレイル)をはじめとした登山道や遊歩道が整備され、バイクで自由にウロつけるような場所は非常に限られています。
まあでも、そんな悪条件の中で人の寄り付かなそうなマイナーなルートを見つけるってのも、探索の面白さの一つなような気もします。
それではいつものように、とりあえず写真で紹介していこうと思います。


まず最初に立ち寄ったのは『屯鶴峯(どんづるぼう)』付近。

南河内郡方面ツー (その2)01



(Google地図)

上のGoogle地図の航空写真を見たとき、「おっ! これは『滋賀のとある広場』みたいなとこかな!?」と一瞬喜んだんですが、調べているとどうもバイクで遊べるような場所ではなく、きちんと整備された観光ポイントになっているようです。

南河内郡方面ツー (その2)02

入口はこんな感じで、階段が設けられています。
とうていバイクでは近づけそうにない感じですが、ただ周辺には採石場(?)や果樹園のルートなんかが近接しているようなので、裏手辺りの人のこないような場所へこっそり近づいて写真くらいは撮れるかな?みたいなノリで周りをウロウロしてみました。

南河内郡方面ツー (その2)03


南河内郡方面ツー (その2)04

シングルで入れそうな場所がありましたが、表側に近い場所だったし、技量的に難しいステアがあったりでここはパス。
裏側へ回り込む面白そうな道もあったんですが・・・

南河内郡方面ツー (その2)07


南河内郡方面ツー (その2)05


南河内郡方面ツー (その2)06

屯鶴峯側へ入る道は見つけられませんでした。
この道自体も途中で大きく崩れていて写真のところで断念。
どのみち抜けても採石場の敷地に入るだけで脱出は難しかったかも。




南河内郡方面ツー (その2)08

場所が変わって、とある電波塔横の休憩場所。
某教団の塔とか富田林の方が良く見えてます。

南河内郡方面ツー (その2)09

風がよく抜ける場所のようで少々寒かったですが、ここでお昼にしました。
先には良い感じの道が続いてるんですが・・・

南河内郡方面ツー (その2)10

だめっすね、すぐ先でダイトレと合流しちゃいました。
残念ながらここも撤退です。




今回も崩れてるとこが多かった。

南河内郡方面ツー (その2)11


南河内郡方面ツー (その2)12

地元の人に話を聞いてると、やっぱ10月の台風の影響のようで、ほんとどこもかしこもって感じです。




南河内郡方面ツー (その2)13

わかっちゃいたけど、やっぱ進入禁止が多い。




そして今回のメインイベントとなったこの林道『U谷線』

南河内郡方面ツー (その2)14

本線の方は日曜でも伐採作業やってるような林道でしたので、詳細は伏せさせて頂きますが、支線が結構あって面白い。
ただ倒木切るのに手こずったりしてて・・・

南河内郡方面ツー (その2)16

結局時間切れで抜けれるルートは見つけられませんでしたが、有望そうな細目の支線が多かったので機会があればまたリベンジしたいと思っています。


南河内郡方面ツー (その2)18

暗くなりかけてるときに、細いとこで道が荒れだしてくるとモチベーションが下がっちゃうんですよねぇ。


南河内郡方面ツー (その2)15

この支線2号は、山頂へ通じる可能性が高そうで期待して入ったんですが・・・

南河内郡方面ツー (その2)17

やはりそう来ましたか!
後半に鬼ゲートな珍しいパターンっすね。
観光化されてる山のガードは、やっぱハンパ無いっす。

以上、報告終わり。

動画は編集するとしたらこの最後のU谷線なんですが、どうするか迷い中。
年末恒例のストライダー大賞の動画を先に作らないといけないので、スルーしちゃうかもしれません。
そんときは悪しからずご容赦。 m(_ _)m


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村


【関連記事】
●南河内郡方面ツー (その1) (2017/12/17)

Comments: 2

291  

やはりあの辺りは少ないですよね~(。>д<)
美味しそうな道はダイトレか登山道ですもんね、それにあれば有名でしょうしね( 〃▽〃)

2017/12/21 (木) 12:42 | 編集 | 返事 |   
strider  
>291さん

確かに完抜けできるフラット林道なんかがあれば、すぐに噂が広まってしまうでしょうねぇ。
でも意外と細いルートは健全な路面(和泉葛城のように掘られまくってない)状態のまま残ってるとこが多そうな感じでした。
みなこの辺は敬遠して寄り付かないのかもしれません。

2017/12/22 (金) 18:25 | 編集 | 返事 |   

コメント投稿