ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2015/12/07 (月) 21:23
4年ほど前にうpした記事:
『地形図の折り方』 (2011/09/23)
今でもたまに検索にヒットして訪れる方がいらっしゃるようなので、ちょいと補足しておきます。

国土地理院から刊行され、大きな書店なんかで販売されている紙の1/25,000地形図は、当blogでも散々話題にしているのでもうよくご存じだと思います。
林道の探索ツーでは必ず持参していくのですが、そのままでは取扱いが難しいので私の場合、小さく折り畳んでツーマプに挟み込んでウェストバッグに入れています。
その折り畳み方法を紹介したのが上記の 『地形図の折り方』 なんですが、その記事の中で少し触れている地形図の様式の違いについて少々補足しておこうと思います。

まずは、『地形図の折り方』 (2011/09/23) の記事でもupした、旧様式と新様式の地形図の比較写真をば。

地形図12

紙の大きさは同じなんですが、新しい様式の方は地図の表示エリアが大きくなり、タイトル部分が左側に、記号説明が下側に変わっています。
で、今回の補足で “肝” となるのが・・・

地形図の折り方(補足)01

新様式の図郭周囲に描かれている△マーク(写真の赤丸部分)。
注記に書かれている説明(写真の赤角部分)によると、

「図郭に付した▽(茶)は隣接図の図郭の位置、▽(青)は日本測地系による地形図の図郭の位置」

とあります。

即ち、外側の▽(青)マークに合わせて折ると旧様式の地形図と、内側の▽(茶)マークに合わせて折ると隣接する新様式の地形図とオーバーラップすることなくピッタリと合うということになるようです。

ここで注意が必要なのは現状、全ての地形図が新様式に移行しているわけではなく、未だ旧様式の地形図と混在しているということ。
▽(茶)マークに合わせて折ってしまうと、隣接する地形図が旧様式の場合は欠損部分ができて繋がらなくなってしまいますので、現状では▽(青)マークか、それより外側で折るのが良いと思います。

そしてもう一点注意なのが、新様式の地形図同士でも▽(茶)マークで全て折ってしまうと欠損部分ができて繋がらないということ。
▽マークは隣接図の図郭の位置なので、そこで折ってしまうと隣接する側の地形図は▽マークではなく図郭部分で折らないとピッタリとは合いません。
いずれ全ての地形図が新様式になったら、自分也の折り方ルールを決めないといけないかもしれませんねぇ。
例えば左側の説明書き部分で余白が大きくなっている方は図郭で折り、右の余白の小さい方は▽(茶)か、もしくはそこより外側で折るとか。w


最後に、何故新様式になってオーバーラップさせるようにしたのか?
その辺のことをちょいと調べていて、国土地理院H.P.内の「国土地理院時報」のところに面白いpdf資料があったのでご紹介しておこうと思います。

「国土全域における 2 万 5 千分 1 地形図の整備・刊行とその経緯 」
http://www.gsi.go.jp/common/000099707.pdf


この資料によると1/25,000地形図の様式(図式)は昭和40年式以降、4回ほどの改定があったようです。 (6/17ページ)

昭和61年図式
私が記事内で “旧様式” と呼んでいるもの。

平成14年図式
私が記事内で “新様式” と呼んでいるもの。
世界測地系の導入、隣接図郭の重複、整飾の内容や配置の見直し等。

最も大きな変更事項は,隣接図郭で重複した部分を設けることにしたことである.
その理由は,図郭を日本測地系から世界測地系に変更することにより,それまで刊行してきた日本測地系の地形図と新たに
世界測地系に準拠して刊行する地形図との隣接する部分で情報の欠落が生じることへの対応のためである.


世界測地系になったら何故、情報の欠落が生じるのかという理屈までは調べきれてません、というか調べても理解できなさそうなのでやってません。w
結果的に測地系の違いにより、東京付近で450mほどの差が出るそうなので、その辺の影響なんでしょうか?

平成21年図式
情報元が電子国土基本図になる。
図郭や整飾は平成14年式と同等なため、見た目はあまり変わってなさそう。

平成25図式
電子国土基本図をそのまま利用して作成。
色も3色から多色化。

この多色の地形図、私は未だお目にかかったことがありません。
日本地図センターの一覧によると、近畿圏では「奈良」、「粉河」、「殿田」等々、結構新しい多色版の1/25,000が刊行されているようなので、今度試しに買ってみてもいいかも。

尚、上記国土地理院のpdf資料(12/17ページ)によると、各図式の刊行数内訳は、この資料が公開された平成26年12月現在で、

●昭和61年図式: 1,707面(38.6%)
●平成14年図式: 1,956面(44.3%)
●平成21年図式: 470面(10.6%)
●平成25年図式: 286面(6.5%)
(合計4,419面)

ということらしく、旧様式が未だ4割近く残っているんですね。
新旧混在では色々と不便な部分もあるので、早く新図式に統一して欲しいところです。


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村


【地図関連記事】
●基本地図 (2007/11/16)
●たわ (2008/07/25)
●ストリートビュー (2008/08/05)
●ツーリングマップルR (2008/08/12)
●Yahoo Map (2009/04/09)
●ストリートビュー その後 (2010/03/21)
●地形図の折り方 (2011/09/23)
●電子地形図から送電線消失 (2012/01/30)
●林道の探し方(3)【地形図の道路記号】 (2012/12/22)
●林道の探し方(4)【ネット地図と航空写真】 (2012/12/24)
●林道の探し方(6)【④(1.5~3.0m/軽車道)】 (2013/01/16)
●林道の探し方(9)【古いツーリング・マップ】 (2013/02/07)
●改悪の新Googleマップ (2015/06/24)

<コメント>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://strider1961.blog.fc2.com/tb.php/1059-6f937a52

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Bill Evans Trio
『Sunday At The Village Vanguard』


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR