ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2011/12/31 (土) 16:39
今年もラスト1日となってしまいました。
ということで年末恒例の 『ストライダー大賞』 の発表です。

ストライダー大賞とは、
当blogで今年紹介した動画の中からジャンルを越えて、Best5を選んでみようという企画。
過去の発表内容はこちらから。


19203694_原子炉建設時画像-s今年はなんといっても東日本大震災と、それに伴う福島第一原発事故が大きかった。
当blogでも事故関連の動画を何本か紹介しましたが、さすがに “大賞Best5” なんてことで震災関連の動画を選ぶのには抵抗があります。
でもここは危機意識が低下しないようにという気持ちを込めて、敢えて候補から外すことはしませんでした。
また、今後も放射能汚染や原発絡みで興味深い映像があれば、随時紹介していきたいとは思っています。

※写真は今年、ネットで見た中で一番印象に残っている画像。
  福島第一原発建設時のもので、1~5号機で使われているGE社設計のMarkⅠ型
  格納容器。
  ニュースなんかでよく見るシステム構造のポンチ絵や模型ではなかなかイメージ
  し難いですが、こういった写真で作業している人なんかと比べると、その巨大さが
  よく分かります。
 


それでは、私が独断と偏見で選んだ今年の動画Best5です。
» 続きを見る。。。
2011/12/30 (金) 21:49
今月のバイク・ツーリングは月初めの定例ツーのみで、このまま年を越してしまうのもちょっと寂しいかなと思って、走り納めに行ってきました。
といっても、この時期にあまり遠くまで遠征してハードなとこ入ってケガでもしたらたいへんなので、近場で軽くお茶を濁す程度で。w

ソロツー01
(大阪府)

K山周辺は昔から結構走っているので、今では人を案内したりもしていますが、このI山付近はダイトレが通ってたり、厳重なゲートなんかもあったりで、ほとんど探索していませんでした。
でも前回の定例ツーで、最近よくご一緒するようになったGさんから、「あの道は抜けれるで~」 と話を聞いて俄然、興味が湧いて気になっていたので、今回探索がてら行ってみることにしました。

上の写真はそのI山山頂からの眺め。
前回のBD山展望台同様、六甲山までよく見えてます。
但し、残念ながらこの山頂までバイクで上がるのは止めておいた方がいいでしょう。
ここはダイトレの真っ只中で人気の場所、ハイカーも多いです。
山頂のすぐ際まで脇道もあるんですが、植物の保護のためロープがしてありました。
林道から3~400mほどダイトレの丸太の階段を歩いて上がれば山頂まですぐです。

ソロツー02

しかし、ここまで雪が残ってるとは想定外でした。
今日は雪中ツーのつもりはしてなかったんですがねぇ・・・
雪のコンクリ舗装の急な登り斜面なんかは、一旦止まったら二度と登れなくなりそうで冷や汗もんでした。w




【関連動画】
●#101_走り納めツー (2012/01/05)
2011/12/21 (水) 21:49
ヤフオクを利用している関係でyahooプレミアム会員なんですが、その会員宛てに送られてきたニュースレター第92号のオススメ特典で 「人気映像の期間限定無料特典」 ってやつがありました。

その中に以前より評価が高くて気になっていた 「攻殻機動隊」 があったので特典の6話分を含めて他の分もネット検索して全話見てしまいました。w
ブレード・ランナーの影響を受け、自身もまたマトリクスなんかに影響を与えたと言われている日本を代表するアニメ作品の一つ。

1989年にヤンマガ海賊版に原作が登場して後、色んなシリーズや劇場用アニメ版、TVアニメ版が出ているようですが、今回私が見たのはTVアニメ版の2002年~2003年に放送された 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (全26話)』 ってやつ。
ネタ的にはもう古いので、何を今更と言われてしまいそうですが、私は初めてだったのでなかなか感動モンでした。w
ブレード・ランナーやマトリクスは非常に好きで何回も見た作品なだけに、それらと影響しあったと思えるシーンが登場するとなんだか嬉しくなってしまいます。

残念ながら作品動画をここで紹介はできませんが、オープニングのテーマ曲がYouTubeにいっぱいあったので紹介したいと思います。
この菅野よう子という人が書いた曲、なかなかいいです。

Inner Universe

次は、TVアニメシリーズ続編の 『S.A.C. 2nd GIG』 や、押井守監督の劇場版の方も見たくなってきたので、またウロウロしてみるかな・・・




【関連記事】
●#101_走り納めツー (2012/01/05)
2011/12/15 (木) 00:06
まずは一見、思わず笑ってしまったこの動画! 

二輪ラジコン
http://www.youtube.com/watch?v=H54veQHvlLg

ラジコンの二輪車バージョンみたいなんですが、しかしこれがなかなか侮れません。


http://www.youtube.com/watch?v=ImXKl34qwJs

すげぇ~ w
二輪車でもバランスとってちゃんと走るんですねぇ! 驚きました。
昔、村田製作所の 「ムラタセイサク君」 という自転車に乗るロボットのTVCMがあって、そのイメージが強かったので二輪の姿勢制御は技術的に高度なものだという認識だったんですが、最近はオモチャ・レベルでもできちゃうんですね!?
もっとも、ムラタセイサク君の制御方式とはまた違うような気もしますが・・・

で、どうせならオフ車がいいなぁっと思って探したら、YZ250モデルの映像がありました。
» 続きを見る。。。
2011/12/13 (火) 00:26
早いもので、今年も残り十数日となってしまいました。
11月は暖かい日が多くてキャブのセッティングもずっと秋仕様で乗っていましたが、ここにきてようやく寒さも本格的になり、いよいよ雪の季節の到来です。
先日、防風ハンド・カバーも付けたことだし、更にモチベーション上げるためにこんな動画を編集してみました。
今年の2月に行った雪中ツー(#070/#071_雪中リベンジ・ツー(前/後編))のデータを使って、短く編集し直したものです。

#097_記憶を呼び覚ませ!編
http://www.youtube.com/watch?v=s-zGPkP3yFY

“公開ダイジェスト版” を作成していない古いマスツー動画はほとんど公開終了しているので、雪のシーンを見ていない人や記憶が薄れかけてる人もいるかも?
こいつを見て、思い出して、気分を盛り上げてまいりましょう!w

【関連記事】
●雪中リベンジ・ツー (2011/02/13)
●キャブ・セッティング (2011/08/17)
2011/12/11 (日) 00:11
関西でも各地から初雪の便りが届き、本格的な冬の到来を感じる今日この頃。
バイクの冬眠準備に入る人も多いようですが、私は今日のメンテで冬には恒例となったこんなものを取付けました。

防風ハンドガード03

ZETAのハンド・ガード用プロテクター、デザインも耐久性もいいので気に入ってはいるんですが、サイズが小さ目なので冬の防寒性能はいまいちです。
というわけで、防風カバーを冬になると取り付けています。

防風ハンドガード01 防風ハンドガード02

防風カバー02最初はサイドまで回り込むような大きなカバーでした。 →
軟質樹脂を使ってるとはいえ、冬の低温時に転倒したら恐らく粉砕してしまうので、行き帰りの移動時のみ使用して、山に入ったら取り外す想定でした。
でも、だんだん脱着が面倒になってきて、去年は林道でも付けて走ってたら案の定、こけたときに粉砕してしまいました。              (旧タイプ)
  
で、今はサイド無しの上の写真の形状に落ち着いています。
市販されている手をすっぽり覆ってしまうハンドル・カバーが暖かいのは分かってますが、さすがにオフ・ローダーとしての見栄・プライドが・・・
これならまだなんとかカッコがつくと思いません?w

【関連記事】
●防風ハンド・カバー (2009/02/09)
2011/12/09 (金) 20:01
4日に行ってきた定例ツーの動画をうpします。

#098_12月定例ツー
http://www.youtube.com/watch?v=Fvt1f8KaU7E

上のスクリーン・ショット画像は、「WR 仁王立ちの図」
フロント・アップした状態で木に引っ掛かってしまいました。w
おかげでナンバー・プレートが、ぐにゃぐにゃ。

【関連記事】
●12月定例ツー (2011/12/05)
2011/12/05 (月) 21:13
たいへん気持ちの良い天気の下、12月定例ツーに行ってきました。
空気も澄んでて、泉南の某展望台からは六甲山や淡路島もよく見えてました。

12月定例ツー01

今回の定例ツーは、10月に走った 「こそツー」 のルートが結構、好評だったので再び訪れることに。
ただ、全く同じルートだと私が面白くないので、廃見学オプションやルートにも若干変更を加えてみました。w

12月定例ツー02同展望台より
紅葉の山々が美しい。
海に浮かんでいる島が関空で、遠くに見えてるのが淡路島。





追加オプションの廃村見学
昭和50年頃?のカラーTVなんかも室内に残されていました。

12月定例ツー03 12月定例ツー04



廃村の次は廃トンネル。
夏に来たときは蝙蝠が飛んでたり水溜りがあったりで入る気になれませんでしたが、さすがに寒くなると中の雰囲気も改善してて、勇気ある若干一名がトンネルの向こう側まで調査しに行きました。
動画撮影担当として私も同行すべきだったなぁっと、ちょっと後悔。w

12月定例ツー05 12月定例ツー06



K山といえば、やっぱこういうシチュエーションは外せません。
定番の場所で記念撮影。w

12月定例ツー07 12月定例ツー08

                   以上、報告終わり。
                 (動画はまた後日うp予定)
2011/12/03 (土) 23:17
明日の定例ツーで通ろうかと思ってる名も無き短い舗装の峠道。
ここを通ると非常に近道になるんですが、不法投棄防止のためか、峠のてっぺんに奇妙な通せんぼが。w

超えられるかな?01

実はバイクでは未だ私も通ったことがありません。
タイヤ痕があるから通ってる人がいるんでしょうけど、なんかちょっといやらしいセクションです。

超えられるかな?02

こけると横のフェンス用柱に首辺りが突き刺さりそうで怖い。
ま、明日はソロではないので最悪、人海戦術でなんとかなるでしょう。w
2011/12/02 (金) 21:06
「備えあれば憂いなし」 の続編ってわけでもないんですが、最近、GPS用の電池に充電池で人気のエネループを導入するに当り、色々とネットを彷徨ってたときに偶然見つけたグッズのご紹介。

電池スペーサー01

電池スペーサーは大小メーカー各社からいろんなタイプが販売されていて、サンヨーなんかも取り扱っていますが、そのほとんどが1本式で、たまに怪しい海外製のもので 「単三×2本 → 単一」 というやつを見かけるくらいです。
ところがこいつはなんと 「単三×3本 → 単一」 の3本式!
3本使うことで容量的にも単一同等以上になるようです。

単一の電池を使う機器も最近では限られてきていますが、商品のメーカー・サイトの使用例でも紹介されているジェントスのLEDランタンがうちにもあるし、そんな高くもなかったので試しに買ってみることにしました。

電池スペーサー05 電池スペーサー06

適宜改良されて、購入時期によって微妙にサイズが変わってきているようですが、私が今回購入したスペーサーの外形寸法はパナソニックのアルカリ電池とほぼ同サイズでした。
 ●AA×3>D : Φ32.7×L60.2mm
 ●パナ     : Φ32.9×L60.6mm

電池スペーサー03 電池スペーサー02+

電池スペーサー04使用に当たり注意が必要なのは、商品のメーカー・サイトや添付の注記にも書かれているように、異なる残容量の電池を混在させたり、本数の異なるスペーサーを混在させて使用したりすると、発熱等の恐れがあるのでその辺のことをよく承知している人のみ使うようにしないといけないということ。
電圧の異なる電池を並列につないでしまうと、機器を使っていないときでも電池間で電流が流れてしまうんでしょうね。
よって、スペーサーに電池を入れたままの長期保管も好ましくないということになります。
あくまで緊急時の使用と割り切った方がいいかもしれません。
恐らくこういったことから、多くのメーカーは1本式のスペーサーしか作らないような気がします。

まぁでも、1本セットだけでの使用なら問題なく保管も使用もできるわけですし、使用する機器の電池がほとんど単三で、単三のエネループを山ほど買い込んで運用してる人なんかには有用なグッズな気がします。
緊急災害時なんかにもきっと役立ってくれることでしょう。


【関連サイト】
●「仁作」 株式会社 富田刃物のサイト
●GENTOSのサイト

 | HOME | 

2011-12

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Bill Evans Trio
『Sunday At The Village Vanguard』


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR