ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


(旧) <  | HOME | 

2016/01/01 (金) 00:00
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


s-門松1-s s-門松1-s
Pat Metheny & Charlie Haden
The Moon is a Harsh Mistress
2014/01/03 (金) 04:29

s-門松1-s s-門松1-s
      Chick Corea & Gary Burton  http://youtu.be/VnlAPR_ixo4

2014/01/02 (木) 00:01

s-門松1-s s-門松1-s
      Keith Jarrett Trio     http://youtu.be/f_wfsPQqR6Q


2013/01/03 (木) 00:03

s-門松1-s  s-門松1-s
         Pat Metheny / Jaco Pastorius / Bob Moses
         http://youtu.be/8prnCJEdQM8

2013/01/02 (水) 00:02

s-門松1-s s-門松1-s
         Pat Metheny          http://youtu.be/K3TSAvE-g00

2013/01/01 (火) 00:01
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


s-門松1-s  s-門松1-s
 Pat Metheny - Tell Her You Saw Me    http://youtu.be/oDZ_NahfINo
    
2012/12/20 (木) 00:14


http://youtu.be/Nv2GgV34qIg

音楽ネタとしては、Bill Evansが続きます。
前の 『Interplay/Bill Evans Quintet』 の関連動画を見てて耳にとまった曲なんですが、どっかで聴いたことがあるような旋律やなぁっと思って調べてたら、どうも・・・

アルバム 『Waltz For Debby』 の "Some Other Time" や
http://youtu.be/e2ilI8F_Pdo

アルバム 『Kind Of Blue』 の "Flamenco Sketches"
http://youtu.be/7GgXqIf9h4s

なんかとベース・ラインが同じらしいです。
でもよく聴いてると、この "Peace Piece" だけちょっと異質な感じ。
jazzというよりはクラッシック的といいますか、Erik Satie の『Gymnopédies (ジムノペディ)』 を聴いたときに感じたような気分になります。
ベース・ラインが同じ3曲の中で異質というだけでなく、私が聴き知っているエヴァンスの曲の中でも異質な感じ。
上手く言えませんが、エヴァンスの原点というか本質みたいなものが、この曲を通してちょこっと垣間見えたようなそんな印象を受けました。


Everybody Digs Bill Evans: Keepnews CollectionEverybody Digs Bill Evans: Keepnews Collection
(2007/06/21)
Bill Evans

商品詳細を見る





【エヴァンス関連記事】
●Interplay/Bill Evans Quintet (2012/11/13)
●The Peacocks (その2)(2010/09/18)
●もうすぐクリスマス♪ (2009/12/13)
●The Peacocks (2009/09/17)
●Waltz For Debby (2007/03/05)
2012/11/13 (火) 20:55
久しぶりの音楽ネタ。
某掲示板で紹介されてるのを聞いて、最近のヘビロテとなっている
アルバム 『Interplay』(1962年)より
5曲目のエヴァンス本人の作となる "Interplay"


https://youtu.be/b6penvoKaJs

このアルバムは持ってなくて、今回このYouTubeで初めて聞いたんですが、気に入ってしまってここんとこ何回も繰り返し聞いてます。
5人のバランス/かけ合いがなんとも絶妙で、まさしく "interplay" って感じです。

「インタープレイ」

楽器演奏中における相互作用。
相手の音に反応し合い、それによって個々を高めあい、
全体を活性化させる音楽的会話。
ジャムセッションやインプロビゼーション→アドリブに比重を
置く音楽ではもちろん、全ての楽曲に存在する必要不可欠な要素。
周りの音をよく聴いて反応することによって、(1)周りを聴く楽しみ、
(2)反応出来た楽しみ、(3)相手も返してくれる楽しみが
演奏者全体で高まり、好循環が生まれる。
 
 はてなキーワード「インタープレイ」より


アルバムの全曲は ↓のYouTubeで聴けます。


https://youtu.be/HIeVNFg19ng


インタープレイインタープレイ
(2010/06/16)
ビル・エヴァンス

商品詳細を見る


Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【エヴァンス関連記事】
●Bill Evans - Peace Piece (2012/12/20)
●The Peacocks (その2)(2010/09/18)
●もうすぐクリスマス♪ (2009/12/13)
●The Peacocks (2009/09/17)
●Waltz For Debby (2007/03/05)
2012/03/02 (金) 00:40
最近のヘビロテ


https://youtu.be/GGPi685M6O4

PMG(Pat Metheny Group)のアルバム 『First Circle』 は、iTunesには入れていましたが、当初、目立った曲も無い感じがしていて、それほど聞き込んではいませんでした。
でも先日、PC作業中に久しぶりにBGMでボンヤリと聞いていたら、何やら良い感じの曲が耳に飛び込んできました。
その後、何回も聞きなおしてるうちにどんどん好きになってきて、最近のヘビー・ローテーションなっています。

メセニーのギター・シンセのなんともキュートな音色も当然いいんですが、キーボードのイントロ部分のワクワク感や、後半の浮遊感がたまりません。
yumingの “丘の上の光” にも通じるような心地良さがあります。


First CircleFirst Circle
(1999/11/16)
Pat Metheny

商品詳細を見る


【Pat Metheny 関連記事】
●♪ Midwestern Nights Dream (2013/01/03)
●♪ Just Like The Day (2013/01/02)
●新 春 (2013/01/01)
●♪ Alfie (2012/01/02)
●What's It All About (2011/07/15)
●Above The Treetops (2009/11/07)
●Spiritual (2009/03/18)
●謹賀新年 (2009/01/01)
●The Truth Will Always Be (2008/01/08)
●Pat Metheny Group (2007/07/18)
●Are you going with me? (2007/04/20)
2012/01/03 (火) 00:02

s-門松1-s  s-門松1-s
          Bill Evans & Jim Hall

(旧) <  | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Bill Evans Trio
『Sunday At The Village Vanguard』


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR