ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2011/03/06 (日) 22:54

link01修正

先日のHカンで泥水に浸かったこともあり、Rサスリンク部分のメンテを初めて自分でやってみました。

昔、乗っていた'89XR250Rにはリンク部分にグリス・ニップルが付いていて、ショップへ行くたびにグリスアップしてもらったもんですが、その後に乗った'97XR400Rにはニップルが付いてなくてずっとノーメンテで乗ってました。w
今のWR250Fに変わってからは10,000km毎にショップでRサスのO/Hをやるようになったので、リンクのメンテもその時にお願いしてやってもらっていることもあり、実質、今まで自分でリンク部分をばらした経験がありません。

でもblogとか見てると自分でやっておられる方も多いようですし、このWRに乗るようになって高圧洗浄機で洗う機会も増えたので、自分でもっとまめにメンテできるようにしようかと思ったわけです。
放置してるとリンク部のシャフトが錆びて抜けなくなったりとか、ベアリングのグリスが水で流れて無くなり、ベアリングが固着して損傷とかっていう話はよく聞きますし・・・

モリブデングリース てなわけで、まずはグリス調達からと
 思ったら、工具箱になぜか既に二硫化
 モリブデン配合の “モリブデン・グリース”
 なるものが入ってました。
 何用で買ったのかとんと記憶が無いし、
 ちょっと古そうだったんですが、まぁこれで
 いいか。

サービス・マニュアルでも大きな荷重のかかるリンク部には 「二硫化モリブデン・グリース」 の指定がありますが、ネットなんかを見てると、耐水性を謳ったグリスなんかを使っている人が多く見受けられました。
どっちがいいのか私には良く分かりませんが、メンテ周期が長くなる場合は耐水性を優先させた方がいいのかもしれません。

お次は工具なんですが、リンク周りは53~85N・mと結構、強力なトルクで締め付けられています。
おまけに、最初の写真を見ても分かるように、スイング・アームの奥深くに埋まっている六角ナットはソケットでしかアクセスできず、手持ちのラチェットやT型ハンドルでは力不足でびくともしませんでした。
インパクト・ドライバーみたいな高級な電動工具は持ってませんから、ラチェット・ハンドルに延長パイプでも突っ込んで無理やり回してやろうかとも思いましたが、何せ台湾製の偽物FACOMですから止めときました。w
(表現が曖昧なのでどういう数値なのかよくわかりませんが、本物のFACOMなら235kgまで耐えれるらしい、トルクが2300N・mってことではなく、恐らく手で持つ所の力を言っているのだと思いますが・・・)

というわけで、一旦、出直しでヤフオクでこんな工具を落札してみました。

スピンナ・ハンドル(KTC製 BS3L)
スピンナハンドル


あと、このくらい大きな締め付けトルクになると “手ルク・レンチ” では少々不安になってきたので、こんな物もヤフオクで
トルク・レンチ(KTC製 CMPB1003)
トルクレンチ
トルク・レンチはなかなかに高価な代物ですが、締め付けた後、“手ルク・レンチ” では味わえない安心感があります。(幸運にも未使用品を定価の半値以下で落札できました。)

そんなこんなで、ようやっとばらすことができましたが、肝心の写真はこれだけ。
手がグリスまみれで、写真撮るのさぼってしまいました。

link02.jpg

10,000kmノーメンテだった割には、シャフトもグリスが付いててヌルッと抜けたし、ベアリング部にも十分グリスが残ってました。
ニードル・ベアリングが何本かこぼれ落ちたときはちょっと焦りましたが、なんとかグリス・アップして復旧完了。
ただ、スイング・アーム支点部分のピボット・シャフト部はなんとなく面倒そうな予感がしたので今回はパス。
また次回に挑戦したいと思っています。

以上、報告終わり。

(参考)
リンク締付けトルク位置図_20110309




(2011/3/9 修正)
コネクティング・ロッドの付け方が間違っていたので修正しました。
(一番上の画像に追記修正と、最後のマンガを差替えました。)
マニュアルとは上下逆向きに付けたようです。
基本的に対称形状でナットの付く側が反転するだけなので、問題は無さそうですが、念のため修正しておきます。
申し訳ございませんでした。 m(_ _)m



(2012/3/12 追記)

【関連記事】
●リンクのグリス・アップ (2012/03/12)

<コメント>

楽しんでますね~!

ここまでやられたのなら、スイングアームピボットも
ぜひバラしてグリスアップしてください。

イメージよりそんなに面倒ではないですよ。

>Niちゃんさん

なんか、ブレーキ部分も外さないとだめそうだったし、時間も押してたので次回にしました。w
Myガレージでのんびりとメンテできるような環境なら、バラした状態のまま休憩したり、疲れたら続きは翌日とかってできるんでしょうけど、共用の駐輪場スペースでのメンテは自由が利かないので辛いところです。
でもやっぱ自分でバラしてメンテすると、構造なんかもよく理解できて楽しいですね。
バイク屋さんの立場からすれば、商売あがったりかもしれませんが。w

いえいえ、整備も楽しいバイクライフの一部ですからね。

しかしバイクいじりのできるマイガレージで
のんびり触れたらサイコーですね。

>Niちゃんさん

憧れのMyガレージですね~
リビングなんかとガラス窓越しにつながってたりすれば更にgood!w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://strider1961.blog.fc2.com/tb.php/635-49ba771b

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR